風呂釜の交換はいくら位かかるもの?依頼する先はどこ?

風呂釜は、内部のダイアフラムの老朽化などで、急にお湯が沸かなくなるといった故障が起きたりします。風呂釜は毎日の入浴に欠かせないものなので、急な故障は困りものです。

そんな急な故障でも器具や工事業者の選定を迷わないように、選定のポイントを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

風呂釜交換の目安は10年!

風呂釜の平均的な使用年数は概ね10~15年と言われ、その寿命は使用頻度・使用環境により変化します。風呂釜メーカーは、平均的な使用期間内での機器故障に対応するため、交換部品はその機種の製造が終了してから10年間供給しています。

言い換えると、10年以上使い続けた風呂釜が故障した場合、交換部品が手に入らない可能性が高いということです。

通常、メーカーの風呂釜保証期間は1~2年で、有償で保証を3年、5年、10年まで延長できるサービスを提供しているメーカーや販売店もあります。

お湯が急に出なくなるなどの故障が起きた時、保証期間内であれば、すぐ機器を購入した販売店に連絡して修理をお願いしましょう。

使用期間10年を過ぎた風呂釜の故障では、修理用の部品がない場合も考えられ、買い替えのタイミングと言えます。

風呂釜の交換には資格が必要!

風呂釜だけでなく、建物に据え付け設置される住宅設備機器は、長く使用されることから専門の資格を持った技術者による設置工事が義務付けられています

水栓金具などでは、自治体が認可した指定給水装置工事事業者の資格が必要で、風呂釜などのガス器具では、ガス設備士やガス機器設置スペシャリストの資格だけでなく、取付け器具のガスの種類によっても異なる工事資格が設定されています。

これらの資格は、施工する職人さん、技術者が住宅設備機器を確実に施工できるよう、教育訓練する制度として設けられたものです。

風呂釜の交換工事に必要な資格は、工事店の技術者が保有していますので、工事はDIYで行うことなく、専門業者に頼みましょう

万一、DIYの取付け工事が原因で事故が起こった場合は一切の保証が受けられず、大変なこととなりますので十分ご注意ください。

風呂釜の交換はいくら位かかるものか?

風呂釜には、浴室内に設置するもの、浴室の壁の外側に設置するものや、給湯器のように壁掛け型や据え置き型で浴槽にお湯を循環するものなど、いくつかの種類があります。

また、一概に風呂釜の交換と言っても、浴室内に設置する風呂釜の故障に合わせてリフォームで浴室自体を作り替える場合や、室内設置型の風呂釜を外に出す屋外隣接設置型へ替えるといった工事も考えられます。

つまり、風呂釜交換に関係する工事費用は、リフォームの内容によっても大きく変化します。そこで、まずは基本となる同じタイプの風呂釜の交換について説明していきます。

それぞれの特徴とおおよその費用を紹介します。

基本は「風呂釜本体の値段+工事費」

風呂釜の交換にかかる費用は、風呂釜本体の値段+工事費が基本となります。

もちろん、壊れて交換する風呂釜の処分費用、風呂釜を撤去して見つかった補修箇所の修繕費用、部品交換が必要で会った場合はその部品代が、別途必要となることもあります。

バランス型の風呂釜

築年数の古い住宅などで使われているのが、バランス型の風呂釜です。

浴室内で浴槽に接して設置されているタイプで、浴槽と風呂釜を二本のパイプで結び自然対流で浴槽に張った水を沸かすものです。

風呂釜の排気は壁に貫通孔を開けて、そこで吸排気を行います。風呂の追い炊き機能だけのもの、シャワーへ給湯できるものなどがあります。

但し、バランス釜の給湯能力は7号前後(1分間に7Lのお湯を出湯)しかなく、冬場では十分なシャワー湯量が確保できない場合があります。

交換時の本体費用は実勢価格で6~10万円前後、交換工事費は4万円前後です。

屋外隣接設置型の風呂釜

バランス釜を浴室に隣接する壁の外に出したタイプの風呂釜で、浴室壁と浴槽を貫通させた配管で浴槽のお湯を屋外の風呂釜に循環し加熱します。

ガスを燃やしてお湯を加熱する機構部分が屋外にあるため風呂釜に吸排気管は不要で、バランス釜より効率的にお湯を沸かせます。また、浴室内に風呂釜がない分、浴室内を広く使えます。

交換時の本体費用は実勢価格で5~6万円前後、交換工事費は3万円前後です。

設置フリー型の風呂釜

給湯器と同様の構造で、浴室にだけ給湯する設置フリー型の風呂釜というのもあります。

設置フリー型の風呂釜は屋外設置の壁掛けか据え置き型で、給湯器と同じようにポンプで強制循環する配管で浴槽内のお湯を給湯器に循環し、設定温度・設定湯量まで沸かし上げます。

設置フリー型の風呂釜では、従来の給湯器と同じく排熱を回収する潜熱回収型(エコジョーズ)もあります。

本体費用は9~15万円、交換工事費は4万円前後です。

より便利な風呂釜に交換する場合

風呂釜が壊れて交換するタイミングは、お風呂の使い勝手を改善する好機でもあります。

風呂釜の交換に合わせて、浴室自体を全リフォームするのも手ですが費用がかさみます。そんなときに便利なのが、風呂釜をより機能の優れたものに交換する方法です。

その一例が、浴室内に設置されたバランス型風呂釜から浴室の壁の外に設置するホールインワン(壁貫通式給湯器)への交換です。

バランス型風呂釜を撤去すると、風呂釜への吸排気管取り付けのための貫通孔が壁に開いたままになります。ホールインワン給湯器は、その貫通孔を利用して風呂釜を屋外設置できるように開発されたものです。

バランス型からホールインワン給湯器に交換することで浴室内の風呂釜スペースが空き、浴室内に余裕が生まれます。また、シャワーなどもたっぷり湯量で使えます。

この交換工事の場合、本体費用は11~19万円、交換工事費は4万円前後です。

現在CF式(自然排気式)を使っている場合

自宅のバランス型風呂釜は、CF式(自然排気式)ではありませんか?

CF式は、浴室の隣に設置された風呂釜の上部に煙突がついた構造のものです。CF式では風呂釜の燃焼排気は煙突を通して屋外に自然に排出されていますが、強風の時などには排気が浴室内に逆流する危険性があります

そのため風呂釜交換のタイミングで、排気ガスの浴室内への逆流の危険性がない強制排気方式のFF式や屋外設置のRF式への交換が推奨されています

壊れた風呂釜が上部に煙突のついたCF式風呂釜でしたら、ぜひ、より安全なFF式・RF式風呂釜に交換してください。

FF式への交換では本体費用9~10万円、工事費4万円前後です。

スポンサーリンク

風呂釜の交換はどこに頼めばいい?

風呂釜は、以下のガス会社や、風呂釜(ガス器具)メーカー、リフォーム会社などで買えます。風呂釜を買う時は、その販売店に交換工事も一緒に頼むのが一般的です。

機器購入と交換工事をセットで注文する場合を想定して、各販売店の特徴を紹介します。

ガス会社

風呂釜は自宅に供給されているガスの種類に合わせて機器を選定する必要があります。

都市ガスかプロパンガスか、都市ガスでも、発熱量の異なる12Aや13Aといった種類があって、ガスのタイプに合った機種を設置しないと、不完全燃焼などを起し危険です。

自宅にガスを供給しているガス会社は、ガス器具の交換も行っています。風呂釜の交換をガス会社に頼むメリットは、ガス会社が自宅のガスの種類を知り最適な機種を選んでくれるという安心感が大きいことです。

ちなみに、自宅のガスの種類はガス検針票に記載されていますので、自分でも確認できます。

デメリットは、ガス会社では取り扱っている風呂釜の種類が限定されるといった点があります。また、比較的割引きがされにくい点も覚えておきましょう。

風呂釜メーカー

ノーリツやリンナイ・パロマなどのガス器具メーカーは、風呂釜メーカーでもあります。

これらの会社では、全国の主要都市にショールームを開設して、風呂釜を含めた最新のガス機器の紹介と、その取り替え相談に応じています。

風呂釜メーカーへ交換を依頼するメリットは、ショールーム訪問して最新機器に実際に触れて使い勝手を確認できることです。これは他の購入先ではできません。

デメリットは、その風呂釜メーカーの商品しか体験・交換相談できないことです。また、ガス会社同様に風呂釜メーカーも割引きはそれほど期待できません

自宅の風呂釜の故障で突然交換が必要となった場合は、あちこちショールームを回って使い勝手を確認することは難しいですが、時間に余裕がある場合はショールームを回って各会社の機器の特徴を体験し検討するのはおすすめです。

風呂釜の販売業者

どこの地域にも、ご自宅の近くに、ノーリツやリンナイ・パロマなどのガス器具メーカーの看板を揚げているガス器具販売・工事店があります。

これらの販売店では、看板を掲げているガス器具メーカーの風呂釜の販売や交換も取り扱っています。

新聞折込み広告などを通して、工事店近隣にお住いの方々にガス器具交換の営業をしています。地域密着型の事業をしていますので、急なガス器具の交換にも迅速に対応してくれるのがメリットです。取り扱っているメーカーが限定されている場合があります。

風呂釜の販売業者は数が多く競争が激しいこともあって、他の会社に比べると割引率が高い・アフターサービスや保証が充実しているということも多いです。ただし、なかには信頼に欠ける業者もあるので複数見積りなどでしっかり選定することが大切です。

リフォーム会社

住宅リフォーム会社では、リフォーム工事の一環として風呂釜の交換も行っています。

風呂釜交換のタイミングで、風呂釜を浴室内設置のバランス釜から屋外設置の釜へ変更し、併せて浴槽も大きいものに入れ替えるといった改修工事は、リフォーム会社が得意とするところです。ぜひリフォーム会社に相談してみましょう。

ただし、風呂釜などのガス器具の交換には、専門の資格を持った技術者が工事することが義務付けられているため、工事はリフォーム会社から取引のあるガス器具工事店に再委託される場合がほとんどです。

そのため風呂釜の交換だけで依頼すると、リフォーム会社の経費も発生して割高になる場合があります。

風呂釜交換の業者を選ぶポイント

風呂釜本体は、大手のメーカーの工業生産品のため品質は安定しています。しかしながら施工は工事業者によって品質がまちまちです。

風呂釜は10年近く毎日使い続けるものですから、長く安心して使い続けるため確かな工事業者への依頼が重要です。工事業者選定のポイントを紹介します。

依頼から交換までのスピードが大切

風呂釜は、釜内部のダイアフラムの老朽化などで急にお湯が沸かせなくなる、といった事態が生じ、交換が必要になることが多々あります。

風呂釜は入浴で毎日使用しますので、故障時には迅速な交換が望まれます。

交換工事への迅速な対応をしてくれる近所のガス器具工事店などは、急な故障の時にもフットワークよく修理対応してくれることの証で、安心して工事を頼めます

豊富な実績がある

風呂釜は、可燃性のガスを多く消費する機械でかつ長く使い続けますので、安全のために確実な施工工事が重要です。

施工工事への評価は、インターネットでの口コミ評価や施工実績からわかります。地域で評価が高く、施工実績の多い業者に交換を依頼しましょう。

資格者がいる業者を選ぶ

風呂釜の設置工事では、ガス工事の資格を持った技術者が工事する必要があることは説明しました。無資格者が施工すると、風呂釜に絡んだ事故があっても保証されません

こういった事態を避けるため、資格者が居るきちんとした工事業者の選定が重要です。目安は、工事保証をきちんとしている工事業者かどうか見積りの時に確認することです。

ガス会社、風呂釜メーカー、大手のガス器具販売・工事店などから風呂釜を買った場合は、機器本体と合わせて工事も保証しており安心です。

工事後のフォローがしっかりしている

設置工事が終わって風呂釜を使用していると、湯沸かしの着火が悪いなどの不具合が発生することもあります。毎日使うものですから、故障が起きたらすぐ対応してくれる業者を選定することが重要です。

業者のアフターサービスの情報は、ご近所の口コミやインターネットでの業者比較サイトでも確認できます。評判の良い業者に発注することをおすすめします。

相見積もりをとって比較する

風呂釜を購入される際の相見積もりを取った比較検討は重要です。

風呂釜本体の価格はインターネットで相場がわかりますが、工事費用には設置工事段階で請求される老朽化した配管部品の交換費用などの別途費用もあり、そういった部分については適正価格がインターネット調査ではわかりません。

そこで、近くのガス器具販売・工事店やリフォーム会社など、複数の業者に風呂釜交換について見積りを作ってもらい、比較検討することで機器代金・工事費用の相場がわかります

また、業者による機器の保証期間・工事保証期間もわかり、適正な業者選定に役立ちます。風呂釜を購入される時は、ぜひ、相見積もりを取って比較検討してください。

風呂釜交換の流れ

風呂釜の購入と同時に取り付け工事も販売店にお願いする、一般的な購入スタイルでの工事の流れについて、順を追って説明します。

交換業者のリサーチ&見積り依頼

まずは風呂釜の交換を依頼できる業者をリサーチしましょう。

ネットの口コミ、近所の方が依頼した感想などをもとに交換業者をリサーチします。ここが良いかなという業者が見つかれば、風呂釜交換の見積りを作ってもらいます。

近所に親しい人が居ないなど、ここだという業者が自分で見つけられない場合は、ネットの一括見積りサイトを利用するのがよいでしょう

風呂釜交換の見積りを依頼する場合は、ぜひ電話にて連絡を取ってください。電話応対の印象も、取り付け業者を選ぶ1つのポイントとなります。

風呂釜設置場所の調査

機器が大きい風呂釜の交換では、設置予定場所の調査が必要となります。

見積り作成にあたって取り付け場所の状況がわからなければ、業者が工事に入った時に追加工事として別途費用請求されることも考えられます。そういった点を解消するためにも、調査は欠かせません。

なかには、設置予定場所の写真を撮って送付することで見積り作成可能という業者もあります。どうしても調査の時間が取れないという方は、こういった対応の業者に依頼するのもよいでしょう。

調査では、設置する風呂釜本体の設置場所、繋ぎ込むガスの配管、吸排気管の経路などを確認して、各種配管で交換を必要とする部材がないか、などを全部洗い出し、見積りに反映させます。

事前に調査することで、見積り金額外の追加工事が発生するリスクがなくなります

風呂釜選び

家庭でのエネルギー消費の1/3は給湯と言われます。そのため、エネルギー効率の高いエコな風呂釜を選ぶと、家計負担を大きく減らすことが出来ます。

設置フリー型の風呂釜では、潜熱回収型のエコな風呂釜(給湯器)が販売されています。

家庭の浴室の構造などを考慮して、機器器購入代金だけでなく、ランニングコスト(月々のガス料金)も考慮して賢い選択をしましょう

また、家族の人数なども考慮して風呂釜の能力を選定することも大切です。価格だけで考えるのでなく、必要な湯量を確保できるようにしましょう。

見積りの比較検討&交換業者を選ぶ

風呂釜の購入&交換業者を検討する時には、風呂釜本体価格と設置工事費の見積りを取って、価格を検討し購入先を選びますが、その価格検討の時に押さえておくべきポイントがいくつかあります。

まずは、見積り金額に含まれている工事の範囲です。

業者が事前に設置場所を確認して作った見積りでは、必要な交換部品等は見積りに反映されています。ですが、事前確認がない業者の見積りでは、別途どのような費用の支払いが発生するか確認しておく必要があります

また、業者によっては撤去した風呂釜の処分費を別途必要としている場合もあります。

次に、風呂釜交換工事の内容の比較です。

風呂釜交換工事にどのような手順があるのか、私たち一般人にはわかりません。ですが、複数の業者に見積り作成してもらう事で、支払い額だけでなく工事内容を比較できます。

こちらの業者はこういった工事があるが、こちらの業者はない、なぜか?どちらがよいのか?といった点を見つけ出すことができるのです。

見積りを比較検討して、費用だけでなく工事内容にも納得して業者を選びましょう

風呂釜交換日時の設定

風呂釜の本体および工事費を見積り書で検討して発注業者を決めたら、次は工事日程の調整です。

風呂釜の交換だけであれば工事は1~2時間ほどで完了します。風呂釜の交換と併せて浴槽、浴室も改修するとなると、大工工事も伴い数日を要します。

風呂釜工事の間は浴室が使えなくなりますので、浴室を使うタイミングを外して工事時間を設定しましょう。

風呂釜の交換作業

風呂釜交換の作業内容を紹介します。

同じタイプの新しい風呂釜へ交換する場合は、簡単に交換工事が終わります

風呂釜に繋ぎ込まれているガス配管、お湯の循環配管、吸排気配管などの接続配管を元の風呂釜から外した後に風呂釜を撤去します。その後に新しい風呂釜を同じ場所に固定して、各種配管を繋ぎ込み、水やガスの漏れ検査をし動作確認して終了です。

風呂釜を浴室内に設置されたバランス釜から屋外に置ける釜に交換する場合は、浴槽のお湯の循環配管などを付け替える工事なども必要となり、工事は1日かかる場合もあります。浴槽、浴室の改修まですると、工事は数日に及びます。

<風呂釜交換の手順>

・古い風呂釜の取り外し
・新しい風呂釜の取り付け
・給水管の接続
・ガス管の接続
・ガス漏れチェック
・試運転
・取り扱いの説明

交換費用の支払い

風呂釜交換の工事費用は、風呂釜購入時に機器の代金と合わせて工事費用も一括で払うのが一般的です。

支払いは、現金払いだけでなく、クレジットカードでの支払い、分割払いなどが選べる場合も多く、見積り段階で確認して適した支払い方法を選びましょう

なお、見積りで別途費用となっている項目(老朽化した配管等の交換費用、撤去した風呂釜の処分費など)があれば、工事時点で工事業者に現金で払うのが一般的です。工事時点での現金払いの有無も見積りの時に確認しておきましょう。

まとめ

かつては風呂釜は、浴室内に設置する自然排気式のバランス型が一般的でしたが、今は排気ガスの逆流の危険性がない強制排気のバランス釜や、風呂釜自体を屋外設置できるものなど多様な選択肢が生まれています。

また、ガス燃焼時の排熱も回収してガス消費量を抑えた、エコな風呂釜(設置フリー型の風呂釜)も登場しています。

風呂釜は一度交換すると10年間は使い続けますから、風呂釜交換のタイミングは浴室の安全性を高める好機と言えます。自然排気式(CF式)をお使いであれば強制排気のものへの交換を考えましょう。

長く使い続けるため、信頼のおける業者に工事を頼むのも重要です。交換工事は近所での評判、インターネットでの口コミ・評判、工事実績などを確認して、評価の高い業者に頼みましょう。

タイトルとURLをコピーしました