人気の対面キッチンへリフォーム!その費用と押さえておきたいポイント

最近の新築分譲マンション等で人気のキッチンレイアウトが対面キッチンです。

対面キッチンとは、キッチンユニットの前面をダイニング室に開放としたレイアウトで、キッチン室を設けてキッチン室のダイニング側にキッチンユニットを配したレイアウトが採られます。

広い意味では、キッチンユニットの周りを一周歩けるようにしたアイランドキッチンやアイランドキッチンの一方の端を壁に接して配置したペニンシュラキッチンも対面キッチンと呼ばれることもあります。

ここでは、一般的なキッチン室のダイニング側の壁に腰高より上に開口を開け、キッチンユニットを配置したレイアウトの対面キッチンの特徴とリフォーム費用などを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対面キッチンへリフォームするときにかかる費用

キッチンをリフォームする時にかかる費用は、キッチンユニットの本体価格と設置工事費です。

そこで、キッチンユニットの本体価格と工事費用の実勢価格のそれぞれの目安を紹介します。

キッチン本体価格はどれくらい?

キッチンユニット(システムキッチン)は、調理作業のためのトッププレート(ワークトップ、天板、カウンターとも呼ばれます)と、トッププレートを支え収納部分となるユニット、さらに水栓金具、シンク、コンロなどの設備機器で構成されます。

キッチンユニットメーカーでは、これらの各部材の材質、グレードを種々に組み合わせて、価格帯の異なるキッチンユニットを販売しています。

グレードの違いは、キッチンユニットの見た目と使い勝手への工夫の差で、調理に必要な機能は、最も廉価なスタンダードグレードで十分確保されています。

見た目の違いとは、主にキッチンユニットの扉とトッププレートの材質の違いです。スタンダードクラスでは、扉には一般的な化粧合板が採用されますが、上位クラスになると、ステンレス材や鏡面塗装材や無垢板が使われます。

トッププレート(天板)も、シンクと一体成型されたステンレスや人造大理石が一般的ですが、上位モデルではセラミックカウンターやエンジニアードストーン材などが使われます。

使い勝手の違いでは、上位クラスでは水栓金具やヒーター、換気扇などの設備機器が高機能品で構成され、キッチンユニットの収納部にもソフト閉止の引出し、内面オールステンレス張り等の工夫がされているのが上位クラスです。

スタンダードの対面キッチンの価格相場

住宅設備で一般的に使用される化粧合板でユニットを造り、ステンレスのトッププレートを載せた普及帯のキッチンユニットで、実勢価格は40万円台から70万円ほどです。このグレードでは、ユニット寸法と採用するオプション機種は限定されています。

ミドルグレードのアイランドキッチンの費用相場

各キッチンユニットメーカーが一番多く品揃えしているグレードで、採用できるオプション部材も豊富にラインアップされています。

価格帯は実勢価格で70万円前後から120万円程度です。ユニット寸法の選択の自由度は、スタンダードクラスより大きく向上します。

ハイグレードの対面キッチンの価格相場

キッチンユニットメーカーの最上位クラスで、セラミック材のトッププレートや、無垢板、ピアノ塗装の扉材など美しさにこだわった設えが特徴です。

コンロなどもガラストップ等の最上位機種が採用されており、美しさとともに使い勝手も最上です。

選択できるユニット寸法の自由度はミドルグレードと同様に高く、種々のオプション機種が設置できます。

価格は実勢価格で120万円から200万円以上まで、キッチンユニットや収納棚などの構成で大きく価格が変わります。

対面キッチンへのリフォーム工事費用はどれくらい?

壁付きのI型キッチンから対面キッチンへのリフォームといった、キッチンユニットのレイアウト変更が伴う場合を想定して、リフォーム工事費用の目安を紹介します。

解体撤去費

リフォームしようとしている古いキッチンユニットの解体撤去作業です。

キッチンに繋ぎ込まれている給水配管、排水配管、ガス配管や、電気配線をすべて外します。その上でキッチンユニットを解体撤去します。

キッチンユニットは、トッププレート(天板)とユニット(棚部分)を組み合わせた構造です。これらを順番に外していきます。

一日で撤去が完了します。撤去したキッチンの廃棄物処理費用を含めて4~5万円が相場です。価格は、撤去されるキッチンの寸法や設置位置などによって変化します。

搬入組み立て費

新たなキッチンユニットを組み立てて設置固定します。

キッチンユニットは、シンク等が配置されたトッププレート(天板)、トッププレートを支えるユニット、収納棚等で構成されます。

これらを組み立て設置位置に固定します。おおよそ10万円ほどの費用がかかります。キッチンユニットのダイニング側に袖壁やカウンターを設置する場合は、別途造作費用が5万円ほどかかります。

給排水工事費

キッチンユニットのレイアウト変更に合わせて、給水配管と排水配管を新たにキッチンユニットの位置まで再配置し、水栓金具や排水口に繋ぎ込む工事費用です。

給排水設備工事は専門の資格を有する工事業者が行う工事で、キッチンユニットの組み立て工事の技術者とは別の技術者が担当します。工事費用は5万円前後かかります。

電気工事費

給排水工事と同様に、キッチンユニット周りの電気配管の移設とキッチンユニットの照明機器などへの接続工事です。

近年標準化しているIHヒーター用の200V専用配線工事を含めて、3~5万円ほどかかります。

ガス工事費

調理器具にガスコンロを使用する場合のガス配管工事です。

ガス配管の移設とキッチンユニットへのガス器具の取り付け、ガス配管の繋ぎ込み・検査一式で5万円前後の費用がかかります。ガス器具を使わない場合は、この費用はかかりません。

換気工事費

キッチンユニットの設置位置変更に伴い、換気扇のダクト、レンジフード位置も変更します。おおよそ5万円ほどの費用がかかります。

内装工事費

キッチンユニットのレイアウト変更を伴うキッチンリフォームでは、それまでキッチンが付いていた壁部分には内装材がないため、壁紙の張替えが必要になります。

床もキッチンユニットがあった場所には排水配管用の穴などが開いていますので、その穴を塞ぎ、表面を整える工事が必要になります。

費用は壁床の工事範囲によって異なり、5万~10万円ほどかかります。

工事費のまとめ

対面キッチンリフォーム費用は、キッチンユニット大きさやユニットに接する袖壁やカウンターの構造などで価格は変化しますが、おおよそ35万円~40万円ほどの工事費用で、リフォーム工事が出来ます。

対面キッチンへのリフォームする際におさえておきたいポイント

キッチンリフォームでは、大きくイメージを変え、使い勝手などを改善しようと思うと、キッチンユニットのレイアウト変更も効果的です。

対面キッチンへのレイアウトを検討する場合に押さえておくべきポイントを紹介します。

吊戸棚をつけるか?

壁に向かって付いていたキッチンユニットを180度回転させ、ダイニング側に向けて、調理作業中も家族と触れ合えるようにしようと考えた時、キッチンユニット上部の吊戸棚をどうするか検討する必要があります。

吊戸棚を残して、吊戸棚とキッチンユニットとの間だけを開放とすることも出来ます。その場合は、リフォームでめざした開放感が若干薄れます。

キッチンユニットメーカーでは、キッチンユニットと吊戸棚の間を50センチ代から1メートル前後で種々に設定できるように、高さの異なる吊戸棚をラインアップしています。

吊戸棚の設置高さが高くなっても、収納物が出し入れしやすいように昇降ユニットが内蔵された棚もあり便利です。

開放感を優先して、吊戸棚を止めてキッチンユニットの上部をすべて開放とすると、吊戸棚分の収納を別に確保するか、リフォームに当たって収納内に入れる物の量を整理するかの手立てが必要になります。

対面キッチンリフォームで吊戸棚を付ける場合は、吊戸棚の裏(ダイニング側)への垂れ壁の造作が必要で、追加で5~10万円前後かかります。

カウンターの立ち上がりの高さ

対面キッチンにして、開放感を確保する上で考慮すべきポイントがもう一つあります。

それが、キッチンユニットの裏(ダイニング側)に造作される袖壁、カウンターの高さです。

高さによってメリット、デメリットが異なりますので、その特徴を簡単に紹介します。

フラット

フラット対面は、キッチンのトッププレート(調理台)までの高さの袖壁をキッチンユニットに付けて、トッププレートの高さでダイニング、リビングが見渡せる一番開放感の高いスタイルです。

調理した料理などもキッチンのトッププレートからダイニングに出しやすいといったメリットもあります。

半面、キッチンユニット内がダイニング側から丸見えとなります。また、調味料などをちょっと置いておいたりするスペースも無くなります。

費用は、袖壁設置等の造作費用として5万円前後かかります。

ローステップ

ローステップ対面は、キッチンのトッププレートの裏に少し高さのある壁を付けて、その上にカウンター部を設けるスタイルです。

開放感もあまり犠牲にならず、キッチンシンク内の洗い物や使いかけの調理器具などをダイニング側から目隠しする効果もあります。

トッププレートの奥に調味料などをちょっと置くスペースも採れます。またローステップの上のカウンターは、料理などをちょっと置くのに便利です。

キッチンカウンターの手元は見せたくないという方にはお勧めのスタイルです。費用は、袖壁設置等の造作費用として7万円前後かかります。

スマートステップ

スマートステップ対面は、ローステップ対面の袖壁、カウンターをキッチンユニットの側面にも回し付けたスタイルです。

キッチンの目隠し効果が高くなるだけでなく、トッププレート奥の立上り部分の距離が長くなるので、コンセントや手元照明を付けたりと色々工夫することができます。

デメリットは、造作費用が若干高くなる点です。袖壁設置等の造作費用として10万円前後かかります。

ハイステップ

ハイステップ対面は、キッチンのトッププレートに食器等が収納できる程度の高さの壁を設けるスタイルです。

壁内に収納スペースが作れ、キッチンの手元がより隠せますが、せっかくの対面キッチンの開放感は薄れます。

費用は10万円前後かかります。

開放感の確保とキッチンの手元のカバー、小物収納の有無等からキッチンユニットに取り付ける袖壁、カウンターの高さを決めてください。

カウンターの素材

対面として見せるキッチンレイアウトをするのであれば、こだわりたいのがキッチンユニットのトッププレート(カウンター)の質感です。

清潔感重視でスタイリッシュなイメージならステンレス、柔らかなイメージならオフホワイトの人造大理石がおすすめです。

高級感を醸すにはセラミックカウンター、クォーツストーンカウンターなどがあります。

ステンレス、人造大理石カウンターは、スタンダード、ミドルグレードのキッチンユニットに採用され、セラミックカウンター、クォーツストーンカウンターなどは、ハイグレードのキッチンユニットに採用されています。

換気扇の性能

対面キッチンは、コンロ部分の壁のデザインによっては換気扇の選定に注意が必要になります。

壁に向けてキッチンユニットを付ける従来のキッチンレイアウトでは、コンロ調理で生じる蒸気や匂いは、コンロの奥や側面の壁に誘導されて換気扇に向かい、効率的に屋外に排出されます。

この壁がないと換気の効率が大きく低下します。そのため対面キッチンであっても、キッチンユニットの最奥のコンロ部分には、壁を設けて開放としない設置スタイルも良く取られます。

レンジ前の壁をガラスで造り、開放感と排気性能を両立させるリフォームプランもあります。

開放感を最優先して、コンロも前も開放とすることも可能です。その場合は、換気能力の高い換気扇とレンジフードを選ぶ必要があります。

またレンジフード、換気扇部分がリビングに露出しているため、換気扇の騒音がそのままリビングに伝わります。

そのため、高排気で静音性の高い高性能の換気扇を選ぶ必要があります。また換気扇のレンジフードは、リビングからすぐ目に入りますので、デザイン的にも配慮した選定が必要です。

排気性能、静音性、デザインのバランスを注意深く考慮する必要があるのが、対面キッチンで露出した位置に設置するレンジフード・換気扇の選定です。高価格のものほど、静音性、デザインに優れます。

スポンサーリンク

対面キッチンへのリフォームまとめ

最近の新築マンションなどの主流である対面キッチンは、調理作業中も家族とのコミュニケーションが取れ、開放感がある優れたキッチンレイアウトです。

リフォーム費用的には、従来の壁付けのI型キッチンのキッチンユニット取り付け位置をそのまま利用したキッチンユニット交換リフォームより、開放感の確保分だけ少々高額となります。

特に開放感を高めるデザインを追求するほど、リフォーム費用は高くなります。

キッチンユニットを180度回転させる対面リフォームですが、元のキッチンユニットがあった場所は収納などを設置されることが一般的です。

そこで、I型ユニットを全部180度回転設置するのではなく、コンロ部分は元の壁側に残したⅡ型ユニットに分割するというレイアウト案もあります。

その場合、換気扇の移動等の費用が抑えられ、経済的に対面キッチンの開放感を実現できる場合もあります。

キッチンリフォーム会社のキッチンスペシャリストは、これまでの多くの施工実績から各ご家庭でご希望のリフォームプランを予算内で形にする工夫を数多く提案してくれます。一度キッチンリフォーム会社に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました